LP.png無料相談受付中!
秘密厳守!
今すぐご連絡ください!

相談日時・相談場所はご希望に沿って柔軟に対応いたします

▼▼お電話でのお申込みはこちら▼▼
TEL 022-395-7989
お電話の際に「ホームページを見た」とお伝えください! 
受付時間 : 9:00〜18:00(土日祝祭日は除く)

→お申込みフォームはこちら
「お申込みフォーム」は24時間受付中

midashi nazesyacho.png

ある2人の経営者のケースです。売上も、年齢も、年収も同じです。ところが、ひとつだけ違っている点があります。それは「社会保険料」です。

A社長とB社長の社会保険料は、年間約100万円違います。社会保険料以外は同じ条件なのに、社会保険料だけは大きな差が出ています。なぜでしょうか?

nazesyacho_zu.png

 

 

 

 

それは、B社長が社会保険料を大幅に節減できる「ある対策」を導入したからです。
もちろん、A社長もその対策を導入すると、B社長のようになれます。年間の役員報酬を減らした訳でも、法律が変わった訳でもありません。「ある対策」を導入しただけです。

baber_shosai.png

 

midashi shain.png
社員数51名のある製造業のケースです。社員が少なくなった訳でも年間の給与支払総額が変わった訳でもありませんが、前記のケースと同様に、「社会保険料」だけが約181万円違います。なぜでしょうか? 

nazeshain zu1.png 

それは、社員の給与を減らすことなく社会保険料を効果的に節減できる「ある制度」を導入したからです。導入すれば、ほとんどすべての会社で、同じような効果が期待できます。

baber_shosai.png

 

  

setsugen1.png世間に存在する経費節減対策は、もはや出尽くした感があり、あってもその場限りで継続性に乏しく、効果も限定的であるというのが、みなさまの実感ではありませんか?今回ご案内する経費節減対策は、「社会保険料の節減」です。

税金に「節税」の手法があるように、会社の大きな経費のひとつである、社会保険料にも効果的な「節減対策」があります。とんどすべての会社で効果が期待できる、今までになかった全く新しい対策です。

従来行われてきた一般的な社会保険料の節減対策は、その場限りであまり目に見える効果がなかったと感じていらっしゃる方も多いかもしれません。syuhou.png

しかしながら、当事務所が提供する社会保険料の「節減対策」は、継続して会社に「利益」を残すことができる、社会保険諸法令、その他周辺知識を最大限活用した、今までにない全く新しい手法であり、あらかじめ節減金額の試算ができますので、安心して導入をご検討いただけます。

「そんなうまい話がある訳がない」
「怪しい話なのではないか」
いいえ、大丈夫です。
社会保険・公的年金制度の国家資格者である「社会保険労務士」が提供する対策ですので、コンプライアンスを重視した、合法的な対策です。また、関係行政機関にも適法であることを確認済の対策ですので、どうぞご安心ください。

midashi_impact.png

「売上を向上させ利益を確保すること」が企業経営の本来の姿です。しかしながら、日本経済を取り巻く環境は依然として厳しく、多くの会社は売上向上に苦心しているというのが現実ではないでしょうか。

ところで、経費節減できれば財務状況にはどの程度影響するのでしょうか?社会保険料は販売費及び一般管理費(法定福利費に該当し、節減できた金額は「営業利益」と同義です。
ここでは単純に「売上高営業利益率」を用いて
、「社会保険料節減金額が年間100万円」の場合、売上高営業利益率別に売上高に換算して考えてみます。

売上高=社会保険料節減金額÷売上高営業利益率

uriagekanzan_zu.png 

「売上高営業利益率」は業種や企業規模等によってかなり異なりますので、ひとつの目安としてお考えください。御社は社会保険料が年間100万円節減できた場合、どれ位の売上高に相当しますか?そして、その売上高は毎年継続して確実に達成できそうでしょうか?

社会保険料の節減対策は「毎年確実に売上高を計算できる非常に優秀な営業マン」を社員として雇用していることと同じであると考えることができます。当事務所のサービスが御社の「営業利益向上」にお役に立てる可能性はきわめて高いでしょう。

baber_genjitsu.png

midashi negai.png

2010年度は本来社会保険の適用事業所であるにもかかわらず、違法行為を承知でその適用を逃れている事業所は全国で約11万件、2011年度の社会保険料の滞納事業所は、過去最高の約16万件(全事業所の約1割)になると報道されました。

もちろん、違法行為は許されるべきではありませんが、それだけ社会保険料の負担が企業経営に大きく影響を及ぼしているということでしょう。真面目に社会保険料を支払い、真摯に経営に取組まれている「正直な会社」がまるで損をしているような状況は大変残念なことです。

当事務所が提供する社会保険料の節減サービスにより、「正直な会社」の財務状況が少しでも改善され、その結果として会社及び社員の雇用とその家族の生活が守られることにつながれば幸いです。
当事務所では、みなさまのお役にたてるサービスを提供し、会社経営を支援していくことが、社会保険労務士としての使命であり、社会貢献であると考えています。

ご案内

 

HP_daihyo_2.jpg代表 田中 邦明

社会保険労務士事務所バリューサポーターズのホームページにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

当事務所では、みなさまが必要だと感じていただける「価値あるサービス」を提供し、経営上の問題を解決するために、ご支援していきたいと考えています。

企業は様々な悩みを抱えながら、事業を継続しているものです。ただし、A社とB社、ほぼ同じような「悩み」を抱えていたとしても、その解決策は決してひとつではありません。

法令どおりの堅苦しいアドバイスだけでは、このA社とB社の同じような悩みは解決できないでしょう。当事務所は、企業の社会的責任のひとつである「法令」をしっかり守りながら、お互いのコミュニケーションを大切にし、個々の経緯、状況及びご意向を反映させた解決策をご提案いたします。法令どおりのアドバイスしかできないとすれば、当事務所の存在意義はないと考えています。

聞きにくいことでも、気軽にご相談いただけるような「身近な存在」であることを目指し、そのためにはお互いの信頼関係が最も大切であると考え行動しています。

まずは、みなさまの「悩み」や「愚痴」を是非ともお聞かせください。「本気の方に本気で応える」をモットーに、全力で会社経営を支援いたします。 

当事務所のサービスが、みなさまのお役に立てることを心から願っております。

→ 代表ごあいさつはこちら

→ 代表プロフィールはこちら

社会保険労務士事務所バリューサポーターズの特徴

特徴1社会保険料の節減による会社経営の支援

税金は利益に対して課税されるますので、仮に赤字であれば、最低限の納付で済みます。一方、社会保険料は企業の業績に関係なく、待ったなしで支払いを求められます。この側面から考えると、今や社会保険料は税金よりも負担が重いと言えるかもしれません。年々負担が増加している社会保険料は、何の対策も講じなければ、大きな経営問題につながりかねません。今までにない新しい手法で社会保険料を節減し、財務状況の改善が図られることで、会社経営を支援させていただきます。

特徴2豊富な知識と経験

人事労務管理、給与計算、人事評価制度の運用管理、労働・社会保険関係事務等に、15年以上携わって参りました。その豊富な知識と経験により、一般的には難しい、効果が継続する社会保険料の節減サービス等に対応することができます

特徴3お客さま第一

「お互いの信頼関係」を一番に考えるという信念に基づき、「自分がお客さまであったらどう感じるか」を基準に行動いたします。ですから、自分がされて嫌なこと、例えば、強引なセールス等は一切いたしません。一人ひとりのお客さまに対して十分に時間をとり、分かりやすく丁寧に対応します。お客さまが納得できていないにもかかわらず、勝手にお話を進めることは絶対にありません。当事務所は、単なる「事務処理屋」ではなく、会社経営の「ビジネスパートナー」として、何でも気軽に相談いただけるような「身近な存在」を目指していきます。

 

ご相談・お問合せはこちらへ

当事務所では、仙台市及び仙台市近郊で活動されている企業の経営者様、役員様、人事担当者様から、人事・労務に関するご相談を承っております。

社会保険料の節減にご興味がある、ホームページ上のご不明な点を確認したい、お困りごと、ご相談がございましたら、お電話または下記の「お問合せフォーム」より、お気軽にお問合せください。

社会保険労務士である代表の田中自身が、真摯に対応いたします。
また、初回のご相談は無料ですので、どうぞご安心ください。ただし、匿名でのお問合せ、ご相談には対応できかねますので、あらかじめご了承願います。

みなさまの「悩み」や「愚痴」を是非ともお聞かせください。お問合せをお待ちしております。

 

▼▼お電話でのお問合せはこちら▼▼
TEL 022-395-7989
受付時間 : 9:00〜18:00(土日祝祭日は除く)
事前にご連絡いただければ、時間外も対応いたします

→お問合せフォームはこちら 

 

お役立ち情報

 

社会保険料の基礎知識、実態、一般的な節減方法についての情報です。
どうぞご参考になさってください。

→ 社会保険料の基礎知識

→ 社会保険料の恐ろしい現実

→ 一般的な社会保険料の節減方法

▲このページのトップに戻る